有限会社 酒匂保険事務所は、創業40周年以上の歴史を持つ生損保のトータルプランニングオフィスです。

交通事故の対処法について

交通事故が起こった時の対処法についてまとめました。

「まず、車を安全な場所に移動しましょう」

二次的な事故を防ぐため、事故車両を安全な場所に移動させ、安全な場所に避難しましょう。やむを得ず路上に停止する場合は、停止表示器材・発煙筒にて後続車に合図しましょう。(夜間の事故の場合は、さらに非常点滅表示灯や駐車灯・尾灯を点灯しましょう。)

「ケガ人がいる時は、119番へ」

負傷者の救護が最優先です。救急車を呼ぶ等状況に応じて適切に対応しましょう。頭や首を強く打った恐れがある場合は、むやみに動かさないようにしましょう。

「人損・物損を問わず、110番へ」

軽微な事故や単独事故であっても、必ず警察に事故の届出をしましょう。特に人身事故の場合は、「人身事故扱」の届出をしましょう。警察署・交番名、担当官、電話番号、人身事故扱・物件事故扱の別を確認してください。

「相手を確認しましょう。」

加害事故・被害事故にかかわらず、事故の相手方の住所、氏名、勤務先、連絡先、登録番号等を確認しましょう。相手方に保険会社がある場合は、保険会社名を確認してください。

尚、人身事故の場合は目撃者の連絡先は事故の目撃者がいる場合は、住所・氏名・連絡先を確認し、後日の協力をお願いしておきましょう。

「事故状況の記録をしましょう」

記憶が薄れないうちに現場の見取図や事故の起こった経緯をメモしたり、写真を撮っておくことも役に立つでしょう。携帯の写真機能が有効です。双方の信号・標識・スピード・一旦停止の有無などを確認しておきましょう。

「現場における口約束は厳禁です」

後日法外な請求をされることもありますので、「修理代・治療費は全額負担します。」といった約束はせず、「保険会社と相談してからにさせてください。」といったようにお応えください。

上記のような約束は「口頭示談」となり、撤回するにはかなりのエネルギーを要します。

「事故車の搬送」

事故車を最寄りの修理工場に搬送してください。走行できないときはレッカーを依頼しましょう。保険会社提携のロードサービス※の他、当事務所は、車の修理・自動車鈑金塗装の全国ネットワークである、DRPネットワーク株式会社と提携しております。DRPネットワーク加盟店工場では、修理車両の無料引取・納車サービス、修理期間中の代車無料サービス、レッカーサービス等を行っております。

DRPネットワーク株式会社http://www.5552.co.jp/

※保険会社提携ロードサービスが対象となる自動車保険の契約には一定の条件があります。保険証券をご確認いただくか、当店にお問合せ下さい。また、お客様が下記専用ダイヤルではなく、JAF等の業者へ直接手配された場合は、サービス対象外となりますので、ご留意ください。

共栄火災にご加入のお客様:
レスキューダイヤル助っ人くん Tel. 0120-044-787(24時間365日対応)
損害保険ジャパン日本興亜にご加入のお客様:
ロードアシスタンス専用デスク Tel. 0120-365-110(24時間365日対応)

「取扱代理店に事故連絡をお願いします」

基本的には当代理店にご連絡いただき、上記の情報をお知らせ下さい。

(有)酒匂保険事務所 Tel. 099-255-9035

尚、時間外については下記保険会社フリーダイヤルで対応が可能です。

共栄火災にご加入のお客様:http://www.kyoeikasai.co.jp/
あんしんほっとラインTel.  0120-044-787(24時間365日対応)
損害保険ジャパン日本興亜にご加入のお客様:http://www.sjnk.co.jp/
事故サポートデスクTel.  0120-256-110(24時間365日対応)

「お客様に役に立つ当事務所の提携先」

事故発生の時は…
DRPネットワーク(株) Tel. 0120-849-704 http://www.5552.co.jp/
下取り車中古車の売却は…
 (株)JCM Tel. 092-662-5072 http://www.jcmnet.co.jp/
事故車の売却は…
 (株)タウ Tel. 096-311-2282 http://www.tau.co.jp/

まず、当事務所へご一報下さい。